まさあき通信

「客引き行為等の禁止」と「自転車安全利用」について、条例の実効性を高める対策について提言しました。

今年4月、仙台市の安全と安心を守るふたつの条例が全面施行されます。
「客引き行為等の禁止に関する条例」では、指導員の返り討ちなどの被害に備えて、宮城県警へ取り締まりなどの連携協力を要請する。「自転車の安全利用に関する条例」では、地域での条例説明、自転車損害補償保険加入を義務付けるなど、一歩踏み込んだ対策を求めました。
市は、宮城県警に協力要請を行い、綿密な連携を図ることになりました。
自転車の安全利用についても対策強化を進めるなど、まちの安全・安心を確保するために部局をあげて取り組んでいくとの考えを示しました。

関連記事

ページ上部へ戻る