まさあき通信

議会での発議から25年、音楽ホール建設が実現。機運と期待が高まっています。


音楽はいまや仙台市が誇るべき文化資源です。
「楽都」としての取り組みをさらに発展・継承していくために、私が率先して求めてきた「音楽ホール建設」が動き出しました。
国内外から多くの音楽ファンが集まることを想定した立地を含め、ホール建設の具体的な方向性を示すよう市に求めました。
また、県が検討している同規模(2000席)の施設整備との関係をどのように整理していくかについて問い質しました。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ページ上部へ戻る